アメリカ産のウォッカ。
ウォルフシュミットという銘柄そのものは1847年、現在のラトヴィア共和国で生まれたもの。
ロシアのロマノフ王朝の御用達品として数々のエピソードに包まれていた。帝政崩壊後、ブランドはアメリカに受け継がれ今日に至った。純度の高いウォッカでストレートにも、カクテルにも向く。
アメリカ産のウォッカの中では売れ筋の一つ。
(世界の名酒辞典より)
閉じる