現在は、ロシアはおろかアメリカでも大人気のロシアン・スタンダード(ロシア語でルースキー・スタンダルト)ウォッカ。
ロシアの伝統的なウォッカの製造方法と近代的な蒸留技術を組み合わせ、ロシアのサンクトペテルブルグ北方のラドガ湖に流れ込むフィヨルドの軟水と小麦を原料につくられます。
ゴールドは、古代のシベリアのウォッカのレシピに影響されつくられました。原料に冬小麦に加え、シベリアン・ゴールド・ルート(シベリアの高麗人参)を使用することにより味わいに豊かさとソフトなテイストを与えています。エンボス加工された美しいボトルに貼られたラベルには、本物のローズゴールド泊が使用されています。
閉じる