フランスのプロヴィナンスに拠を置くメイスン・デ・ラ・ウォッカ社(2011年創設)は、18世紀にさかのぼるロシアのレシピでアルコール飲料をつくるロシアとフランスの合資会社。
レモン&ミルクは、ロシア帝国時代の社会の上層部に最も人気のあるウォッカでした。
18世紀のエカテリーナ大王の時代のレシピに基づき、新鮮なミルクとレモンを使用し、水を加えることなく銅製のポットスティルで蒸留されます。
閉じる