蒸留所はハイランド北部、ロス州のティン町に1843年に創業した。
ウィスキーづくりでは珍しく硬質でミネラルが豊富な水を使い麦芽の糖化を行っている。基本的には熟成にはバーボンの空樽を使用。同社は2007年8月に大幅なリニューアルを敢行。定番だった10年はオリジナルという名称になり、従来よりもデザイナー・カスクの混和率が高められている。デザイナー・カスクは樽材のホワイト・オークに徹底的にこだわったグレンモーレンジ・オリジナルの樽で、バニラや蜂蜜、柑橘系の香味がより豊かになっている。
(世界の名酒辞典より)
閉じる