ラ・マニー蒸留所はマルティニク島で優良なラムをつくることで知られている。同蒸留所は、1749年にフランス・ノルマンディー出身のモーニ(マニー)公爵が同島に移住し手づくりでラムを蒸留したのが始り。

1749は、18ヶ月熟製のアグリコール規格品。
閉じる