エル・テソロとは、”宝石”の意。ハリスコ州アランダス町で、カマレーナ一族が自家栽培、自家蒸留しているブランド。創業は1937年。現在の経営者の父フェリペ・カマレーナが、自家農園の中にディスティレリア・ラ・アルテーニャという名の蒸溜所を建設して、テキーラの生産に入った。同社は、800エーカーの自家畑のアガベ・アスール・テキラーナのみを使い、副材料としての砂糖などは一切使わない。
パラディソはエル・テソロ社の最上位ブランド。最初の2年間はバーボン古樽で熟成、続く2年間はコニャック古樽で熟成、最後の1年間はオーク樽で熟成。合計5年間の樽熟成を経たアネホ。
なめらかな喉越しに複雑な余韻を添えるテキーラの逸品。
閉じる