オルネライアの絞り滓が有名なグラッパの造り手Nannoni社の蒸留所に送られ、小さな銅製の蒸留釜で単式蒸留された後、オルネライアの熟成に使用したフレンチ・オーク樽で最低3年間熟成し、更に味わいに深みと個性を出すために、グラッパ・リゼルヴァのより古いヴィンテージとブレンドされます。
“Erigo:エリゴ”とは、ラテン語で“選ぶ”という意味で“選りすぐりのグラッパ”という思いが込められています。
閉じる