19世紀から受け継がれているイギリス現地向けグリーン・ボトル。
1908年、初めての大量輸出(オーストラリアに向け)用に限定として透明瓶を使用。その輸出が成功をおさめたため、その後も輸出用には透明瓶を使用している。
閉じる