フィフティ・ポンド・ジンは、ロンドン南西のテムズ川沿いにある100年の歴史を持つテムズ蒸留所で100年前の蒸留器をそのまま使用し造られています。
あくまでもクラシカルなスタイルを強調しており、ストレートやドライマティーニなどに良いようです。
商品名は、1690〜1751年にジンが社会秩序を乱す広まり方をしてしまった為に蒸留所や酒屋に課せられた免許税が当時としては高額となる50ポンドだった事に由来します。
閉じる