製造元のマシュー・グローグ社は1800年に創業。初めは食料品とワインを扱っていたが、1814年からウィスキーも手掛けるようになった。
1897年に自社ブレンドのウィスキーを“グラウス(雷鳥)”と名づけ売り出したが、そのうち人々が“あの有名(フェイマス)なグラウス・ウィスキーというようになったので“ザ・フェイマス・グラウス”というブランド名に変更した。
このスタンダード品はバランスのとれたコクが身上。本場スコットランドでは最も人気が高いウィスキーだ。
(世界の名酒辞典より)
閉じる