ドイツ系移民ジョージ・A・ディッケルが1870年にテネシー州でウィスキー蒸留をはじめたのが始まり。禁酒法時代に一旦閉鎖されたが1858年に復活。
サトウカエデの炭の上に新しい羊毛で織られた毛布を敷き、ろ過をするというチルド・メイプル・メロウイングからまろやかで芳醇なテネシー・ウィスキーが生まれる。

No.8は80プルーフ。ドライな味と微かな甘味がバランスよく、後味の切れもよい。
閉じる